BMWやAudiが売り払える理由

昔は外車といえばめずらしく、お厳しいイメージがありましたが、現在は日本車の売上げを脅かす程普及しポピュラーになりつつあります。
殊にBMW、Auidiといったドイツのメーカーの車は人気で見かけない日はないぐらいだ。
ではなぜBMWやAudiが売り払えるのか。
BMWは50:50の際立つ重量配分でわかりやすさが良い、Audiであればラリー競技で培ったクワトロシステムが魅力等、様々な性能的利点がありそれを求めて購入している方も勿論いるかと思います。ですが、じつはそれだけでなく統一した商品イメージって食わて良質なブランドであるというブランディングにて購入意欲を促されていると私は思っています。
BMWはかねてから特徴的なグリルって丸形四灯式のヘッドライトデザインを頑なに守ってあり、どの車種をみてもBMWだとわかります。Audiにおいてもグリルを統一して以降、どの車種をみてもAudiだとわかります。これは日本車や他の外車も相当見られない例だ。
もしもBMW、Audiが車種毎でいつのメーカーの車ですか思い付か様な個々のデザインを採っていたら、ここまで売り払える事はない様に思えます。
また、BMW、Audiのブランドが十分確立していなかったら、性能面が優れていてもデザインが統一されていたとしても、ここまで売り払える事はない様に思えます。
その為、こういう両メーカーは車作りだけでなくマーケティングが非常に優れていると私は感じます。ミニバン 比較

ついに念願の車をゲット

ついに我が家は念願の車をゲットしました。
と言っても、1台は持っていたのですが、とっくに1台買わないと、平日家における私の足がなくて今まで時折参ることがあったからです。
そうして、子供のことを考えると、その内本当に車が必要になることはわかっていたので、旦那って相談して「車を二度と買おうか」についてになりました。

ただし、車は買ったらおわりではなく、ガソリン代も当然かかりますし、保険だってかかります。それを考えると今まで何やら踏み切れずにいたのですが、旦那がたくさん働いてくれたおかげで(勿論私も一部を押し出すのですが)、いよいよ2台目の車をゲットしました。
その車は旦那がもっと欲しがっていたプリウスだ。初めて我が家のガレージに2台の車が駐車されているのが当たり前の光景となりました。

しかも今回は旦那がディスカウントクーポンを見つけ出し、元値よりも30万ほど値段が下がるのと、即納してくれたのも良かったのですが、何よりもうれしかったのは、ローンの利子がゼロというのが我が家にとっては大きかっただ。
5年ローンですが、利子は一切無く、毎月決められた金額を払い、払い終わる頃にはただ車の金額だけを払い成し遂げるだけです。
正にお得に車が買えた気がします。軽自動車 人気|2016年軽自動車のランキング比較!

白馬のように駆けたトヨタ2000GT

最近、巷を駆ける車と言えば、ワゴン車がハイブリッド車ばかりですが、きわめて時折、スポーツカーを見るとわくわくしてしまう。さほどぼ~っと歩いているといった危ういので、なるべくテキパキとあるくようにしているのですが、先日、ウチの近くのモータープールに、すいぶん古い型の「フェアレディZ」を見た時は、失礼ながら、ぐるっと1周して見せてもらいました。
も、以前に「トヨタ2000GT」を、しかも走っているところを見かけたときは、ほんとにびっくりして家人や知人に「見た見た見たよ~」という、ぱっと報告したのでした。そうして、その時に何かに脛をぶつけてイタタ~と漫画の1コマのようになってしまい、大笑いしたのも一緒に思い起こします。
ですが、「2000GT」といえば、普通、実物を見掛けるのは、大規模な車のイベントショーに展示して生じる物ぐらいじゃないでしょうか。それが、正面をス~ッという走っていったら、ぶらりと出てきた白馬みたいに思えて、誰でも仰け反りますよね~。調べたら、オリジナルのは1967~70年までに少し337台だけの生産で、大衆車が35~6万円の時代に、誠に238万円だったそうで…そりゃ夢のスーパーカーですよね。二度と、去年、米国で67年式の2000GTが1億2000万円で落札されたらしいです。スゴイいですね~、その値段もスゴイですけど、まだまだ普通に走っていることが驚きです。他にも色んなスーパーカーがありますが、これほど品格のあるのは「2000GT」だけだと私は思います。なるほど、のぼりたいは言いません…再び、走ってゆくところを見たい~~!!スポーツカーランキング|2016年人気の国産&外車スポーツカー比較

峠、最速のファミリーカー~マツダ・RX-8

なぜRX-8を生産終了してしまったのかとして仕舞うほど、RX-8が好きである。今でもたくさん街で見掛けるけれどはっきり言ってユーザーさんがねたましい。

時どき日産GT-Rといった比較する人がいるが、RX-8は別に少なく走らなくても良いのだ。日本の峠で滑ることはあってもニュルブルクリンクを世界最高速のラップライムにかけて激走するようなスポーツカーじゃないのだから。ともかくロータリーエンジンの車は世界的に見ても貴重だし、30代以上が落ち着いて乗っかることの出来るデザインのクール4ドアクーペから、日本には今までに無かったタイプの大変物珍しい車だと想う。とりわけ後期型が良い。前期型の様々な不具合を聞いていると、各種の不具合を修正して安定化させた後期型が良いと思った。

それと、RX-8を貰う為にあの手この手によって必死に奥さんを説得してそれでどうにか無事に購入することができた全国のユーザーさん達の「貰うまでの苦労話」が多いのも望ましい。奥さんになんで子供がいるのにスポーツカーを貰うの?と問われたら「スポーツカーじゃないよ、ファミリーカーだよ!」という説得する、ロータリーエンジンへの夢という希望を有する男達の必死な姿が脳裏に浮かんで生じる。想像しただけで涙が出てきそうです。

次世代RX-9の話も時たま掛かるが、かりに初々しいRXが出たとしても、RX-7とともにRX-8も永く語り継がれる車になるだろう。ぼんやりトヨタの86やBRZよりもRX-8の方が最新の車っぽく映るのだけれど、それは気のせいかな。ひいき目に些かかわいく言い過ぎているか…。ただし私はそれくらいRX-8が好きなのである。セダン ランキング

女を口説くには今も外車が無難です

かなり年の離れた大学の後輩があるバイトで私の勤務先にやってきました。はなはだカワイイ子で、きっと男の子にモテモテだろうなと思いきや、聞けば彼氏いない歴が年齢だというのですから、世の中は思い付かものだなと思いました。

でもあまり男の子と無縁わけではないんでしょといった話を当てるという、まんざらではない感じで、本当は私ういういしい男の子には興味がなくておじさんが好きなんですってさらりと言ってのけるのでした。

おじさんってもしやオレのことかと一瞬期待を抱いたのもつかの間、昨夜も六本木でロマンスグレーの紳士と待ち合わせをしたとのことでした。

そんなふうにだったのか、どうにも講じるなと思うと共々、何だかその見たことのないロマンスグレーの紳士というやらにまだまだ嫉妬を抱いたりしたのも、それほど目の前の後輩がずいぶん可愛かったからなのですが、次いでどうだったと聞くと、最後に一発で冷めちゃったというのです。

最後に一括って、おいおい直ぐにホテルに行ったのと聞くとこわごわ聞いてみると、食事の後に件の紳士が自分のクルマをとりにパーキングに行き、レストランの出入り口に横付けされたクルマが外車ではなく、国産だった結果、一発で気持ちが冷めてしまったというのです。

外車といってもいろいろあるけどと聞くと、彼女いわく、最低でもアウディ、BMW、できればベンツ、だそうです。因みに紳士がお乗りになっていたクルマは黒塗りのマジェスタであったそうです。 コンパクトカー 人気

粋な車

「粋」という言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。
日本人の民族精神を代表する美意識だ。
「一向にとしている」「洗練されている」「よく理解している」に関してで使われていらっしゃる。
「粋です」と言われることは日本人として最高のほめ言葉だ。

軽自動車。
必要にして十分な車。無駄に資源を消費することなく、日本の国土を移動するために洗練されたものづくり。日本の国土、日本人の体格を理解したうえでの設計がされています。

庶民のための車であるため、税金面で他の規格の自動車から優遇されています。
小排気量でコンパクトな設計につき、必要な燃料も他の規格の自動車から薄く、お得です。
定期的な車検の際にかかる金額も他の規格の自動車から安くあがり、お得です。
故障の際や消耗部品の交換にかかるお金も、無論お安くあがります。

あなたに余計なお金を使わせない、正しく「粋」な車なのです。

日本人に生まれた幸せをどんどん満喫するために軽自動車を購入してみるのはいかがでしょうか。
無駄に高価で、無駄に巨大で、無駄にエネルギーを消費する車。こんな身の丈に合わない「無粋」な車によって、軽自動車を選んだあなたは日本人として輝いて感じることでしょう。SUV